シェイポクスンド国立公園

シェイポクスンド国立公園は、3,555平方キロメートルの面積を誇るネパール最大の国立公園で、西ネパールのドルポ郡からムグー郡にかけて広がっています。この国立公園は、この地方独特のヒマラヤの生態系を保護するために設置されました。この公園には、シェイ僧院、ポスクンド湖、ラング峡谷と共に、6,000m以上のピークが多く存在するカンジロバヒマールが含まれています。

この地域の植物相は、南部の標高の低い範囲には、マツ(pine)、クルミ(walnut)、ヤナギ(willow)、オーク(ナラ類、oak)、ポプラ(poplar)、イトスギ(cypress)が見られ、これより少し高い範囲になるとマツ(pine)、エゾマツ(spruce)、ジュニパーマツ(杜松、juniper)、カバ(樺、birch)がより多く見られます。高山地域まで登ると、バルベリー(berberry)、野バラ(wild rose)、カラガナ(ムレスズメとも、caragana)などの植物が生育しています。そして、森林限界に近づく北部山岳地域はほとんど草地となり、カラガナ(ムレスズメとも、caragana)と小さなジュニパーマツ(杜松、juniper)を見かける程度となります。

シェイポクスンドに生息する野生動物としては、ブルーシープ(blue sheep)、 ゴーラル(シカの一種、ghoral)、ジャコウジカ(麝香鹿、musk deer)、ヒョウ(leopard)、山犬(wild dog)、オオカミ(wolf)、マーモット(ネズミ目リス科の小動物、marmot)、イタチ(weasel)、野鼠(mouse hare)、アカゲザル(rhesus)、 ヒマラヤヤセザル(langur monkey)などが挙げられます。神出鬼没なユキヒョウ(snow leopard)の生息地域と行動範囲はより高い所となります。隣接しているチベットの領域は、グレートチベタンシープ(great Tibetan sheep)、野生のチベットロバ(Tibetan wild ass)、チベタンガゼル(Tibetan gazelle)、枝角カモシカ(antelope)、野生のヤク(wild yak)などのような希少動物の生息地となっています。公園の鳥類はテイオウキジ(ダンフェ、impeyan pheasant)、カンムリキジ(cheer pheasant)、ベニバシガラス(chough)、ワタリガラス(raven)、チベットセッケイ(Tibetan snow cock)、チベットツイット(Tibetan twit)、カワガラス(brown dipper)、ヒマラヤハゲワシ(Himalayan griffon)、ヒゲワシ(lammergeyer)などです。公園には、仏教の一種であるボン教を信奉するチベット系の人々が居住し、その主な村をいくつか挙げると、リンモ、プグモ、サルクラン、クグン、タトゥガウンなどです。8月の満月には、聖なる頂の周囲を3回巡るという祭礼のために、ドルパの村人全てがシェイ(水晶)山に集います。

入域料金(ひとりあたり
ネパール人:無料
SAARC諸国人:100ルピー
その他の外国人: 1,000ルピー

アクセス
最寄りの空港は、公園南部のジュパル空港です。もしもポクスンドまたはシェイ地域の10日間ハイキングを予定ならジュムラ空港へ飛ぶ事も出来ます。4月から11月の間が、入域に最適な時期です。
特記事項
10歳未満の子どもは、入域料金は必要ありません。
入域料金は、国立公園及び野生動物保護管理オフィス(Phone:4220850)の統括となり、山岳地域の国立公園入域の場合は、ブリクティマンダップのNTBに隣接しているACAPカウンター(Phone:4222406)にて支払う事が出来ます。他の国立公園に関しては、国立公園ゲートにて支払います。