チトワン国立公園

ネパール初の国立公園でもある有名なチトワン国立公園は、内部タライの低地地方、チトワン地区、ドゥーン地区に渡って位置しています。公園領域は、落葉性のサラノキ(沙羅双樹、sal)の森林が覆う丘陵地域・シワリックレンジを含め、総面積932平方kmです。公園の5分の1は、ナラヤニ川、ラプティ川、レウ川の氾濫原野であり、カポック(kapok)の木、アカシア(acacia)、シーサム(sisam)の木などの水系森林が点在し、密集した背の高いエレファントグラスで覆われています。生態学的にも多様なこの領域は、危惧種である300頭以上のアジア一角サイ(Asian one-horned rhinoceros) のネパールにおける最後の居住地であり、絶滅の危機に瀕しているベンガルタイガー(Bengal tiger)が最も多く隠れ住む場所となっています。また、アジア一角サイやベンガルタイガー以外に、チトワンではさまざまな動植物も見ることが出来ます。白い斑点のあるチッタル(シカの一種、chittal)を含む4種類の鹿、ヒョウ(leopard)、ナマケグマ(sloth bear)、イノシシ(wild boar)、アカゲザル(rhesus monkey)、ハイイロヒマラヤヤセザル(grey langur monkey)、ヤマイヌ(wild dog)、ヤマネコ(wild cat)、ホワイトガウル(世界で最も大きい野性の牛、white stockinged gaur)他、たくさんの小動物も生息しています。チトワンの湿地帯や多数ある川の三角洲は、湿地ワニ(marsh crocodile)の生息地となっています。ナラヤニ川には、魚のみを食べる絶滅の危機に瀕しているガリアル(またはガンジスワニ、gharial or Gangetic crocodile)を見ることができます。またここでは、世界で4種類しか存在しない淡水イルカ(freshwater dolphin)のうちの1種が生息しています。鳥類学者やアマチュア野鳥観察家にとっては、450以上の種の生息が記録されているこの国立公園は、大変興味深い場所であると言えるでしょう。主に生息しているのは、キツツキ(woodpecker)、サイチョウ(hornbill)、ベンガルショウノガン(Bengal florican)、およびズアカキヌバネドリ(red-headed trogon)などの種類ですが、寒い地域から越境して来た水鳥(waterfowl)や、ブラーミンアヒル(Brahminy duck)、オナガガモ(pintail)、インドガン(barheaded geese)などの冬鳥も、国立公園の川で見かけます。夏の森には、ヒタキ(flycatcher)、インドヤイロチョウ(Indian pitta)やインコ(parakeet)など巣篭もりして生息しています。

入域料金
ネパール人:20ルピー
SAARC諸国人:200ルピー
その他の外国人:500ルピー

特記事項
歳以下の子どもは、入域料金は必要ありません。

アクセス
チトワンは、カトマンズからバラトプール、ソウラハ方面へ国道が接続しているので簡単にアクセスできます。10月から5月にかけてであれば、公園境界のすぐ近くのメガウリ空港に毎日フライトがあります。その他、2日間から3日間かけてトリスリ川をラフティングで下り、ナラヤンガートまたは直接公園西端まで行く方法もあります。

 ここを訪れる場合は、公園外または公園内のロッジあるいはキャンプサイトに滞在し、野生動物を探してジャングルを散策するなどの各種アクティビティーに参加できます。エレファントサファリはその代表です。象の背中に揺られながら一角サイ(one-horned rhinoceros)、ヒョウ(leopard)、シカ(deer)、クマ(bear)、サル(monkey)、ワニ(crocodile)等、野生動物の姿を探し求めながらジャングルを散策します。6mにも育つエレファントグラスの中を分け入りながら、これら動物たちを探しながら進むエキサイティングなその体験は、決して忘れることができないでしょう。その他にも、ジャングルウォーク、カヌーライド、ジャングルドライブなどで、数日間飽きることなく楽しめます。

入域料金は、国立公園及び野生動物保護管理オフィス(Phone:4220850)の統括となり、山岳地域の国立公園入域の場合は、ブリクティマンダップのNTBに隣接しているACAPカウンター(Phone:4222406)にて支払う事が出来ます。他の国立公園に関しては、国立公園ゲートにて支払います。