パシュパティナート

ヒンズー世界で最も畏怖される破壊神・シヴァを祀ったパシュパティナート寺院は、シヴァの帰依者にとって、アジアに4つあるシヴァ神関係の重要な聖地の中でも頂点に立つ寺院です。寺院は5世紀に建立されて後、代々のマッラ王によって修復されて来ましたが、聖地自体はカトマンズの森の中で最古のシヴァリンガが発見された、千年紀の初めからあったとも言われています。寺院建築の集合体としてもネパール最大規模を誇るパシュパティナートは、ヒンズー教徒が聖なる川として崇めるバグマティ川を挟んで両岸に広がっています。パゴダ(塔)スタイルのメインの寺院は、金メッキの屋根と銀で覆われた4方面のドアを持っており、高品質の木彫りが施されています。寺院の周囲を、ヒンズー教の神々や仏教神を祀った別の寺院群が囲んでいます。至近に位置するのはシヴァの配偶者サティデビを祀ったグヘシュワリの寺院です。川沿いの一段高い場所ではヒンズー教徒の火葬が絶え間なく行われています。寺院の入口から中へ入ることを許されるのはヒンズー教徒のみです。聖所内にはシヴァリンガがあり、外側には最も大きな雄牛のナンディ像(シバの乗り物)がシヴァを待つ姿が見られます。敷地内には何百ものシヴァリンガが見られ、春のシヴァラトリ大祭には、ネパール国内やインドから何十万人もの参拝者が訪れます。