チトワン国立公園

チトワン国立公園はネパールで最初に設定された国立公園で、ヒマラヤ山脈の麓、タライ平野の内奥部のチトワンの低地に位置しています。932平方kmの土地を有し、アジア全土で最も原生自然環境が維持された自然保護区です。生息する動植物も豊富で、哺乳類や鳥類の種類も、夢中になってしまうほどバラエティーに富んでいます。この国立公園は大一犀角(Greater One-horned rhinoceros)やロイヤルベンガルトラ(Royal Bengal tiger)などの絶滅危惧種の、最後の居住区といわれています。この保護区は1973年に国立公園となり、1984年にユネスコ世界遺産に指定されました。