サガルマータ国立公園

地球上の最高峰8,848mのエベレストを初めとする険しい山々、氷河、渓谷などを有するエベレスト地域の大部分が、サガルマータ国立公園として指定されています。北東ネパールに位置する総面積1,148平方kmにおよぶサガルマータ国立公園は、エベレスト地域の河川域を越えてシェルパ族の故郷クンブまで広がっています。多くの土地はシャクナゲ(Fhododendron)、カバ(樺、birch)、マツ(pine)、ビャクシンマツ(junipar)や銀モミ(silver fir)の森林で、標高4,000mまで植物が生い茂っています。また、ユキヒョウ(snow leopard)、ジャイアントパンダ(giant panda)、オオヤマネコ(lynx)のような哺乳類の希少種や、スノーコック(snow cock)やユキクジャク(snow pigion)、多種のキジ(pheasant)といった鳥類の希少種もここで生息しています。1979年には世界遺産に指定されました。