アクティビティ
ネパールで登山

1953年、ネパール人シェルパ、テンジン・ノルゲイ・シェルパとニュージーランド人のエドモンド・ヒラリー卿が初めてエベレストを征服したことにより、世界中の耳目がネパールに注がれることとなりました。それ以来、数えきれないほどの人々がヒマラヤに登るようになり、中でも世界の8000m峰14座のうち8座を有するネパールヒマラヤには、大きな関心が寄せられています。

これら標高8,000m以上のピークのほとんどはアルピニズム黄金時代の1950年代に征服されていますが、当時は多くの国々がわれ先にと初登頂を競い合ったことから国際問題にまで発展したこともあります。今日では、既にある前者の記録をいかにして破るかが登山のほとんど全ての目的になっていると言って過言ではないでしょう。ネパールでは326峰が登山に開放されています。

ネパールヒマラヤのピークを登る際の登山許可証は、年間を通して文化観光民間航空省の登山課によって発行されます。許可証の申請には必要とされる公式文書を準備し、提出しなければなりません。約120峰の登山にはリエゾンオフィサー(連絡調整員)の同行は不要ですが、それ以外のピークでは同行が必要となります。

登山道具や装備はカトマンズで購入もしくはレンタルして持っていくことができます。登山ツアーは登山/トレッキング会社で取り扱われており、装備、食事、交通・運搬、ガイド、ポーターなどのサービスを含む全てを手配し、保険の申し込みも代行してくれます。 ただし、常に優れた実績を持つ信頼できる代理店を選択するようにしてください。