アクティビティ
ピケ・ダーダ越えルート

ソルクンブ(ソル)の南部にはユニークな観光スポットが多数あります。多くの選択肢の中でも最も有名なのは、ピケ・ピークを越えていく9日間のルート、ドゥドゥクンダルート、そして郡庁であるサレリの東部を歩くルート等々です。これらのルートにはどこにもティーハウスと呼ばれる簡易ロッジがないため、完全に自給自足をしなければなりません。

ピケ・ダーダ越えルート
この9日間のトレッキングは通常ジリから始まり、最後は飛行機でファプルからカトマンズへ戻って終了となります。また、ファプルからさらに歩き続け、トラグシンド峠の下にあるリンモという村からエベレストトレイルに合流することもできます。このルートの最高地点からは、驚くほど綺麗なエベレストと、雪を頂いてつき従う周辺のその他の峰々を目の当たりにすることができます。ピケダーダを登るには、まずジリからルクラへのトレイルを進み、ケンジャの手前を流れるリク川まで行きます。そこでトレイルは険しく上昇し、ゴリゴンパ(僧院)やヌガウルを抜けて、標高4,065mのピケの頂上に到達します。ファプルへ下っていく間に、数名のエベレスト登頂達成者を輩出しているシェルパの村、ロディンマを経由します。ここを過ぎた地点から、ジリとルクラを結ぶエベレスト街道上のラムジュラ峠近くへ繋がる、少々荒れたルートに入ることも可能です。

ドゥドゥクンダへ
ナンブール峰は地元の人々に、守護神ソルの故郷として神聖視されています。この山の麓にあるのが聖なる湖、ドゥドゥクンダ湖です。毎年8月には、信仰者の多くがこの湖で沐浴をする目的でここへやって来ますが、それ以外の時期は殆ど誰も来ることはありません。ドゥドゥクンダへ向かうトレイルはジュンベシとトラグシンド峠の間にある町、リンモから出ています。他にはトゥプテンチョリンから始まるルートも利用できます。密林と岩だらけの放牧地を通り抜ける壮大な一本尾根を進むと、このルートはサルサルベニでメインルートに合流します。このあたりはかなりの遠隔地でほとんどのガイドはこのルートに精通していないため、地元のガイドが必要になります。リンモからドゥドゥクンダへのトレッキングは最低5日間ですが、湖の周辺を散策するために何日か余裕をみておくと良いでしょう。