アクティビティ
アンナプルナ地域

アンナプルナ周辺地域のトレッキングはエベレスト地域に匹敵する人気があります。“アンナプルナ一周トレッキング”のフレーズはよく耳にしますし、実際に訪れたトレッカーの数から考えても、確かにここは最も人気のある地域と言えそうです。前述のフレーズはその名の通り、世界で最初に登頂・征服された8,000m峰であるアンナプルナIを含むアンナプルナ山脈を中心に、その周りを一周するものです。
またこの地域には、アンナプルナIの西に位置するもう一つの8,000m峰、ダウラギリもあります。これら二つの高峰の間にはカリガンダキ川があり、この渓谷は世界で最も深い峡谷として知られています。緑豊かで肥沃な農地や、全く人の手が入っていない天然の森林、さらには雪に覆われた高峰群などなどの自然景観に加え、さまざまな種族が交錯する民族世界との出会いなどあらゆる体験ができるため、アンナプルナ地域はネパールで最も満足度の高いトレッキング地域の一つとなっています。

アンナプルナ連峰は内奥地にあることから、山脈のかなりの部分が雨影(Rain Shadow)に入ります(※モンスーンの雲が高峰に阻まれて、南斜面で湿気をほとんど落としてしまう現象)。結果としてアンナプルナ連邦の北側は南斜面にくらべてかなり乾燥することとなり、この事実がこの地域に非常に多様な景観をもたらし、さらにはモンスーン期間中のトレッキングをも可能にしています。

トレッキング許可証と許可料金
アンナプルナトレッキング山域については、ACAP(アンナプルナ保全地区プロジェクト)の許可が必要となります。ただしムスタン上部はまた例外で、ここは滞在期間に応じて別途特別許可が必要で、それに即した料金が徴収されます。その他ムスタンに関する制限事項は後述します。これから述べるトレッキングに関連する、上記以外のほとんどの地域がACAPの制限区域内です。このエリアへの入域は制限されており、入域許可証を購入する必要があります。許可証はトレッキングを開始する前に、カトマンズやポカラで取得することができます。これらの収益のほとんどは、アンナプルナ保全地域の発展のための事業に使用されています。
行き方
どのコースを選んだとしても、ほとんどの場合、始点も終点もポカラになります。ポカラはカトマンズの西方200キロに位置し、カトマンズからは陸路で5~6時間、空路なら30分で到着できます。陸路の�場合は、カトマンズ、バイラワ、チトワンから毎日多数の観光バスが出ています。ポカラとその周辺では、観光施設が不足することはありません。ポカラ近郊の3つの湖の中でも最も大きいフェワ湖沿いにあるレイクサイドとダムサイドと呼ばれる両地区には、トレッキング/旅行代理店も多数あり、みやげ物やトレッキング用品に加え、幅広い宿泊施設やレストランを提供しています。アンナプルナ山塊の東側をトレッキングする場合は、ラムジュン郡の郡庁であるベシサハールがそのスタート地点となります。しかしルートのかなり上まで道路があるため、クディやブルブレからトレッキングを開始することもできます。カトマンズ、ポカラ、タライからのバスは、毎日ここまで運行されています。カトマンズからベシサハールまでのバス移動には4~5時間かかります。また、ポカラが始点・終点となる大部分のトレッキングには、実際に歩き出す地点までのバスやレンタカーが必要になります。詳細はそれぞれのトレッキング案内をご覧ください。

動植物
ご想像の通り、アンナプルナ地域の地理的・気候的条件は域内の動植物に多様性をもたらしています。標高1,000m以下のポカラとベシサハールは共に亜熱帯気候であるため、耕作が盛んで、ほぼ一年中棚田の風景が広がっています。冬にみかんが採れることでも知られ、麓の沿道では、木に付いたままの新鮮なみかんを直に購入することもできます。さらに丘を上昇すると自然植生は亜熱帯種から、カシ(oak)、ブナ(beech)、シャクナゲ(rhododendron)など、一連の温帯種の森林へと変化していきます。そして最後にはマツ(pine)やジュニパー松(juniper)の針葉樹林が取って代わり、森林限界のぎりぎりまで広がるのです。山の北の雨影(Rain Shadow)となる、チベット高原の延長線上のエリアは不毛地帯です。灌漑農業ができる河川域を除けば、この辺りでは小さな茂みや低木しか育ちません。野生動物では、ナキウサギに似た多種多様な鳥に加え、小動物としては青羊(blue sheep)やヒマラヤタール(himalayan tahr)などが観察できます。

トレッキングのスタイル・方法
アンナプルナ地域のほとんどのトレッキングルートには、歩き始めから歩き終わりに至るまで、質の良いサービスを提供してくれるティーハウスと呼ばれる簡易ロッジがあります。特にジョムソン、アンナプルナ一周、アンナプルナベースキャンプのような人気のトレッキングコースでは、これは疑いありません。しかしトレッカーは常に、悪天候やけがや病気などにより、簡易ロッジと簡易ロッジの間のどこかで立ち往生してしまうリスクがあることを意識しておく必要があります。特にトレッキングの行程上、人の居ない僻地を通る場合はなおさらです。アンナプルナ・サーキット中に、一日がかりで標高の高いトロン・ラ(峠)を越えてゆく、非常に長い行動日がありますが、これが一つの良い例です。途中には退避が可能な場所は殆どないのに、何の準備もないまま悪天候や高度障害に見舞われてしまったトレッカーも少なからずいるのです。まして開発が殆ど進んでいないダウラギリ・サーキットやラムジュン東部のトレッキングでは、自分の食料や退避手段は自分自身で準備することが、間違いなく求められます。

人々と文化
アンナプルナ地域でもっともよく目にする民族は、グルン族、タカリ族、マナン族です。グルン族はマルシャンディ川とカリガンダキ川の間に位置する丘陵と谷間を中心に、ゴルカ地区の丘から遥か西のパルパまで最も広い地域に分散しています。タカリ族はジョムソン周辺のカリガンダキ渓谷上域出身で、伝統的農業を営みながら補完的に通商にも従事しており、特にホテルやレストラン事業が盛んです。俗に「マナンゲ」と呼ばれるマナン族はマルシャンディ川の上流に住む民族で、多くの点でグルン族に似ており、おそらく同族だろうとされています。彼らのルーツはチベットとされ、熟練した貿易商でもあります。丘陵地帯の中でも奥地に居住するマナン族とグルン族は、古代より仏教の信奉者でしたが、今でもシャーマニズムの影響が顕著です。それより南の地域社会では主にヒンドゥー教が信仰されています。この地域一帯では特にグルン族の文化芸能が知られており、トレッキング中もごく普通に見ることができます。トレッキングの主なシーズンには、山道沿いの多くの村でトレッカーのための文化芸能が披露されます。

時期について
ネパールのほとんどのエリアでは、春と秋が最高のトレッキングシーズンです。春はシャクナゲ(rhododendron)の開花の時期であり、10~11月のモンスーンが明けた後の秋には、最もきれいに澄んだ空が見られます。これらの時期は通常、天候も穏やかで雨もほとんど降りません。またこのあたりには雨影(Rain Shadow)に入っている地域がありますので、ネパールの他の地域と違って6~9月のモンスーン中も理想的な時期です。特にムスタン高地などは、雨期の訪問先としては最適と言えるでしょう。冬は、山麓であればトレッキングに適した状態ですが、高所にある山道は豪雪により閉鎖されることがあります。

スタッフを雇う
カトマンズでスタッフを雇わない場合、ポカラのレイクサイドに事務所を構える多くのトレッキング代理店を通して必要な手配の全てを行うことができます。ポーターはアンナプルナ・サーキットのスタート地点ベシサハールなどで雇うことができますが、ガイドや必要な道具など全ての手配を確実にこなせる、信頼できる代理店はポカラにしかありません。