ハチミツ採取

エリック・ヴァリがハチミツ採取にまつわる本を出版し、その映画が制作されたことで、この国で古くから代々受け継がれてきたハチミツ採取の伝統が、一気に知れ渡るようになりました。伝統的ハチミツ採取には特別な技術が必要で、経験を積んだ村人は手作りの麻ひもとハシゴだけを用いて高さ300メートルの断崖にぶら下がり、ハチミツを採取します。野生の蜂は険しい岩肌の高木を選んで巣を作ります。ハチミツは年に2回(4~5月、10~11月)収穫されますが、春に採取されたハチミツは、より風味が豊かで好まれています。天然のハチミツは医学的価値もあり、国際市場でも高値で取引されています。