バタフライ・ウォッチング

蝶はカラフルで美しい昆虫であり、ネパールでも150年以上前から研究されています。ラージュ初期、蝶に深く関心を抱いたイギリス人居住者とその部下が、数多くの種を収集し、厳密に研究・標本化しました。1950年以降は日本人が学術踏査を通して蝶の収集に興味を抱き始めました。これら一連の研究が1974年のトリブヴァン大学の自然史博物館の設立につながったのです。公式な記録によると、ネパールには世界に生息する蝶のうち3.72%を占める651種が生息しています。

真冬でも日中の気温が18度前後という穏やかな気温のカトマンズ盆地の恩恵で、蝶は一年中観測できますが、最適なシーズンは3月後半~4月、5月中旬~6月中旬、そして8月後半~9月です。チョーバール渓谷の拓けた里を含むカトマンズの森林地帯は、今でも蝶の活動を見ることが出来る場所ですが、ここで主に活動しているのは一般的な東洋種のみです。ネパールにおける蝶の分布は極めてはっきりしており、生存種の10%程度の旧アジア北地域生存種を標高3,000m以上の地で、一方90%を占める東洋種をゴダワリの丘陵の麓・森林を流れる小川やスワヤンブー、あるいはナガルジュンやブダニールカンタ、さらにはスンダリジャル周辺等々で、それぞれ見ることができます。蝶の観察に適した地域は、緑が茂るプルチョウキの丘陵の頂上、ジャマチョーク、シヴァプーリ、ナガルコットの低木地帯、スルヤヴィナヤク、チャンドラギリなどです。