信仰療法

ネパールは伝説や神話や神秘や魔術の宝庫です。数百もの神々を片方の勇とし、これに対する最強の悪魔・悪霊たちをもう一方の蛮としてとらえた両者間の対立軸が、これらの神秘性や魔術に意義ある見解を与えているのです。神々が陽の精神を現わすとすれば、悪魔は陰の精神を表しており、この両者の間をつなぐ存在として信仰療法士がいます。この療法士は潜在的な陽の精神と自らの祈りを以って、患者に害を与える陰の精神を除去することを使命としています。  

ネパールの信仰療法は有史以前のものですが、首都カトマンズでさえ未だに広く実践されています。さらに驚くのは、多くの外国人(特にアメリカ人)にその術を教えてきたという事実です。彼ら彼女ら学習者は帰国後、十分な科学的発展を遂げているはずのアメリカの各都市で信仰療法を実践し、少しずつ評価を得ているといいます。

ジャンクリ/シャーマンたちは、首の周りに小さな鈴の輪を装い、片手で持つ太鼓や手鐘のリズムに合わせて身震いをするかのように舞い、謡います。この儀式は一晩中続くこともあります。シャーマンたちの間では雄鶏を生け贄に捧げるのがならわしです。症状によっては黒ヤギを生贄に使うこともあります。驚くべきことに患者となる純朴な人々は、ホウキや米粒少々に一つまみの灰、お香、二匙の水などを使うことによって、タントラに取り憑かれていたのが奇跡的に回復してしまうのです。 

タントリズム(Tantrism)はネパールでも寺院や僧院を中心に実践されています。しかしながら基本的に儀式を人目にさらさないその体質により、一般の人々は閉じられたドアの向こうで何かが行われていることは感じ取れても、その儀式の真相は闇の中に葬られたままです。カトマンズ盆地内にも多数のタントラ寺院がありますが、その最奥の聖所には司祭しか入ることを許されていません。当然ながら一般の人々はこれらの祭祀を危険なものとみなし、一歩引いて距離を置いています。