国立博物館

非常に興味深い博物館のひとつが、スワヤンブに近いチャウニにある国立博物館です。この博物館は当初、ビムセン・タパ将軍兼首相の時代に建設された歴史的建造物の中に、アーセナル博物館として1928年に設置され、当時はチャウニ・シカナ、つまり文字通り「武器や弾薬のための石造りの家」として知られていました。1938年、当時の首相ジュッダ・サムシェール・JB・ラナにより、公共の美術館として開館し、ネパール人が低料金で入場できるようになりました。
その後彼は美術館も設立し、自らの名に因んでジュッダ・ジャティヤ・カラサルと命名しました。この時までは、この素晴らしい芸術コレクションに近づけるのは学者か政府高官、それにラナ首相の招待客と訪問客のみでした。後年、マヘンドラ国王の治世中の1967年になってラシュトリヤ・サングラハラヤ、つまり国立博物館へと改名されました。

博物館の敷地内には以下の3つの建物があります。

主要歴史的建物
ジャッダ・ジャティヤ・カラサル(現在の国立博物館)
仏教美術館