宿泊施設

ネパールには国際レベルの超高級ホテルからほどよい価格のホテルや宿、さらには安宿、ロッジに至るまで、様々なランクの宿泊施設があります。質の高いサービスを受けるためには、政府に登録された宿泊施設または旅行会社を利用すると共に、業者を通して資格のあるツアーガイドや認可を受けたトレッキングガイド、ポーターをつけることをお奨めします。  

十数年前、カトマンズやポカラを中心としたネパール各地で、世界レベルのホテルが急増しました。春と秋には、高級ホテルはほぼ満室で予約も多くなります。しかしながら、華やかさには劣るものの、利用客の要望や予算に応じてくれる上品なホテルも数多くあります。ほとんどのホテルでは宿泊のみ、朝食付き、二食付き、三食付きなどが選択できます。特に注意書きがない限りは、表示価格は宿泊料金のみとなります。一般的にトイレと浴室は一体型の一部屋の場合が多く、暖房器具は別料金となります。このような小規模な宿泊施設はカトマンズの旧市街やタメル地区にあります。1970年代以降のツーリズムの台頭により、郊外や村落にあるネパール人向け施設もスタンダードが上がってきています。従い、こうした場所での外国人ツーリストの宿泊や食事についても、以前よりはずっと快適手軽なものになりつつあります。