移動手段

国内航空線

ネパール航空(RA)は国内に膨大な路線網があります。カトマンズからの定期便は以下の都市へ就航しています。タプレジュン、バドラプール、ラズビラジ、ボジュプール、ファプル、ルクラ、ラミダンダ、トゥンムリンタール、ルムジャタール、ビラトナガール、シムラ、ジャナクプル、ラメチャップ、バラトプール、メガウリ、ポカラ、ジョムソン、マナン、バグルン、バイラワ、ネパールガンジ、チャウルジャハリ、スルケット、ダング、ドルパ、ジュムラ、バズラ、バイタディ、ディパエル、ダルチュラ、マヘンドラナガール、ダンガリー、ティカプール、サンフェバガール。
ネパール航空(RA)以外にはブッダエアー、シータエアー、イェティエアライン、アグニエアーなどが国内主要都市への定期便及びチャーター便を就航しています。
市内バス

ラトナパーク(オールド・バスパーク)からは、盆地内各地へ向かう多くのバス、ミニバス、マイクロバスに乗ることができます。カトマンズにある電力(バッテリー)で走行するサファテンプーは、乗客たちに重宝されています。

メーター付タクシー

カトマンズの地図を見て、目的地の方向を定めましょう。タクシーは車体上部にタクシーのマークがあり、ナンバープレートは黒ですので、すぐにそれとわかるでしょう。チップは義務ではありません。空港から街の中心部まではメーター付タクシーでおよそRs200~400です。個人タクシーの料金は他に比べて少し高いことがあります。夜間タクシーは主要ホテルのサービスも利用できますが、料金はメーター付タクシーに比べるとかなり高くなります。ちなみにレンタカーは、旅行会社またはレンタカー業者で手配できます。

貸自転車

貸自転車/マウンテンバイクはタメル、ラニポカリ、ジョッチェンで低価格でレンタルできるため、環境に配慮したい旅行者にとっては最高の交通手段となります。
長距離バス

カトマンズからは昼夜運行の長距離バスを利用してネパール全土へ行くことが可能です。バラジュ近郊のリングロード沿いにあるゴンゴブ・バスパークからは、国内ほとんどの都市へ向かうバスが出ています。長距離移動には6席のバン“SUMO TATA”(インドのタタモーター製)や12席でエアコン付のミニバスも利用できます。グリーンラインバスは、行き先がポカラ・チトワンなどに限定されていますが、旅行者向けのツーリストバスとして運行されています。また、カトマンズとポカラ、チトワン間ではグリーンライン以外にも毎朝たくさんのツーリストバスが運行されています。