ネパールへの行き方

空路での旅
ネパールのナショナルフラッグ便はネパール航空で、デリー、クアラルンプール、ドバイ、バンコク、香港との間で就航しています。その他、カトマンズとの間を結ぶ国際航空便は以下の通りです。エア・アラビア(UAEのシャールジャ)、中国国際航空(ラサ、成都)、アークフライ(アムステルダム)、バーレーン航空(バーレーン)、ビーマンバングラディシュ航空(ダッカ)、中国南方航空(広州)、中国東方航空(昆明)、ドラゴン航空(香港)、ドゥルク航空(ブータンのパロ、デリー)、エティハド航空(アブダビ)、GMG Airlines(ダッカ)、ガルフ・エア(バーレーン、マスカット)インディアン航空(デリー、カルカッタ、ヴァラナシ)、ジェット・エアウェイズ(デリー)、ジェットライト(デリー)、大韓航空(ソウル)、パキスタン国際航空(カラチ)、カタール航空(ドーハ)、シルクエアー(シンガポール)、タイ国際航空(バンコク)
航空券料金は為替レートに伴って変動し、外国人は外貨で支払わなければなりません。ネパール・インド間のフライトでは、ネパール国民とインド国民のみルピーでの支払いが可能です。フライトの欠航やスケジュールの変更によるトラブルを避けるため、出国の3日前までにリコンファーム(予約再確認手続き)を行なっておきましょう。重量オーバーの荷物には外貨での超過料金が課せられますのでご注意ください。

税関:
全ての荷物は入国地点の税関で申告し、持ち込み許可を得なければなりません。個人の私物はフリーで通過できます。トリブヴァン国際空港に到着した後、申告するものがない場合は荷物検査をせず素早く通過するために緑色のゲート(グリーンチャンネル)へ、申告するものがある場合は税関審査のため赤色のゲート(レッドチャンネル)へ進みます。

国内持ち込み(輸入):
使用済みの個人の所持品以外にネパールへの持ち込みが免税されるものは、タバコ200本、葉巻50本、アルコール類1.15リットル入り1本まで、フィルム15本までです。その他、出国時に自身が持ち出すという条件付きで以下の物も免税で持ち込むことができます。双眼鏡、ビデオカメラ、カメラ、ノートパソコン、携帯音楽プレーヤー

国外持ち出し:
骨董品の持ち出しに関しては、カトマンズのラムサハパト、ナショナルアーカイブビル内考古学局からの特別な証明書が必要となります。文化的宗教的理由により100年以上前の骨董品を持ち出すことは違法とされています。これらの文化財はこの国の遺産であり、ネパールに属するものですので、ネパール訪問者には、購入・持ち出しを行わないようお願いします。 税関に関する詳細はトリブヴァン国際空港の税関主任までお問い合わせ下さい。電話:977-1-4470110/4472266

陸路での旅/入国地点
陸路でネパールへ入国する全ての旅行者は、以下の指定された入国地点を通過しなければなりません。

ネパールとインドの国境
    * カーカルビッタ
    * ビールガンジ
    * ベリーヤ、バイラワ
    * ネパールガンジ
    * ダンガリー
    * マヘンドラナガール

ネパールと中国の国境
    * コダリ

個人車両で国境を越える場合は、国際自動車国境通過許可証を提示しなければなりません。